バラをプレゼントする前に知っておきたい薔薇の花言葉! – 関西全域の生花の委託販売・卸売なら花総合企業の「フロリスト・コロナ」

バラをプレゼントする前に知っておきたい薔薇の花言葉!

 

「お花をプレゼント」+「感謝の気持ちを伝える」=「笑顔になる」!?


 

最近、大切な人に「お花をプレゼントしました(^_-)-☆」

なんていう人はどれ位いるのでしょうか!?

 

「さすがにそんな人少ないでしょ~」と思うかもしれませんが、

 

2017年11月22日の「いい夫婦の日」は、昨年より

お花がよく売れましたよ!というお花屋さんもあったようです。

※いい夫婦の日が定着してきたのかも!?

 

ただ、ここ最近は大手のスーパーさんでも、お手頃な価格で切花が買えるようになったこともあり

切花の需要は年々上向きだともいわれています(^^♪

 

今年(2017年)には、「大阪から世界へ発信する関西の文化イベント」をテーマに様々な活動をしている

「関〇コレクション」でも、お花をいつもお世話になっている大切な人に贈るという企画を行ったり、

 

SNS上でも「#華ジョ」・「#花のある暮らし」等々

 

様々な、お花に関係のある ハッシュタグ【#】で投稿されている方も多くなってきました(^^♪

 

色や本数で変わるバラの意味や花言葉!


 

さて、「お花をプレゼント」といえば、バラを思い浮かべる人も多いと思います!? が

バラは色や本数で意味や花言葉が変わるのをご存知でしょうか!?

 

ただただ、たくさんのバラを花束にしてプレゼントするだけではあなたの気持ちは伝わりません!?

その時の、あなたの気持ちを「花言葉」とかけてプレゼントしてみるのも、ちょっとカッコ良いのではないでしょうか!

 

と、前置きはこのへんにして・・・

 

本題の「バラの花言葉」ですが、ご参考までに下記にまとめてみました(^^♪

ただ、気を付けないといけないのが、バラはお花屋さんに行けば

 

いつでも「好きな色」・「好きな本数」が揃っているわけではありません!!

 

大切な記念日の当日に探し回ったなんて言うことがないよう、近くのお花屋さんに相談や予約をされる方が無難でしょう(*_*;

 

★本数でみる薔薇の花言葉


■1本
「一目ぼれ」「あなたしかいない!!」

■2本
「この世界は二人だけ!!」

■3本
「愛しています💛」「告白」

■4本
「死ぬまで気持ちは変わりません」

■5本
「あなたに出会えた事への心からの喜び」

■6本
「あなたに夢中💛」「お互いに敬い、愛し、分かち合いましょう」

■7本
「ひそかな愛」

■8本
「あなたの思いやり、励ましに感謝します」

■9本
「いつもあなたを想っています」「いつも一緒にいてください」

■10本
「あなたは全てが完璧です!」

■11本
「最愛💛」

■12本
「私と付き合ってください💛」

 

ここまでの本数くらいなら、相手も数を読みやすいのではないでしょうか!?

メッセージカードに本数や意味を直接書いてしまうのも良いかもしれませんね(^_-)-☆

バラは少ない本数でも「あなたの大切な気持ち」を伝えることが出来ます。

 

■13本
「永遠の友情」

■21本
「あなただけに尽くします」

■24本
「一日中あなたのことを想っています」

■50本
「恒久」

■99本
「永遠の愛、ずっと好きだった!」

■100本
「100%の愛」

■101本
「これ以上ないほど愛しています」

■108本
「結婚して下さい!」

■365本
「あなたが毎日恋しい💛」

■999本
「何度生まれ変わってもあなたを愛します」

 

★色でみる薔薇の花言葉


■赤色
「あなたを愛してます💛」「愛情」「美」「情熱」「熱烈な恋」

■白色
「純潔」「私はあなたにふさわしい」「深い尊敬」「純潔」

■ピンク色
「おしとやか」「上品」「可愛い人」「愛の誓い💛」

■青色
「夢がかなう」「奇跡!」「神の祝福」

■黄色
「友情」「平和」「愛の告白💛」

■オレンジ色
「無邪気」「魅惑」「絆」「信頼」

■緑色
「穏やか」「希望を持つ」

■紫色
「誇り」「気品」「尊敬」

■緋色
「灼熱の恋💛🔥」

■濃紅色
「内気」「恥ずかしさ」

■紅色
「死ぬほど恋焦がれています🔥」

■黒色
「貴方はあくまで私のもの!!」「決して滅びることのない愛、永遠の愛💛」

■虹色
「無限の可能性∞」

■絞り模様の薔薇
「満足」

■ドット柄の薔薇
「君を忘れない」

 

★ここからは、ちょっとマニアック~組み合わせ方でも変わる意味あい~


■赤い薔薇の中に白い薔薇
「打ち解けて仲が良い」「温かい心」

■黄色の薔薇の中に赤い薔薇
「あなたがどんな不実でも・・・」

■薔薇のつぼみ3本と開花した薔薇1本
「あのことは永遠に二人だけの秘密✨」

■薔薇のつぼみ1本と開花した薔薇2本
「あのことは当分、二人だけの秘密✨」

 

バラはヨーロッパの貴族に大変愛されていました。

薔薇の香水・薔薇のお風呂、そんな貴族たちに上記のような「花言葉遊び」が流行していたようです。

 


如何でしたでしょうか、これであなたもバラマスターです(^_-)-☆

お花をプレゼントなんて、恥ずかしいと思っていたあなたも 「感謝の気持ち」をお花で伝えてみてはいかがでしょうか!?

 

Print Friendly, PDF & Email

あわせて読みたい