ハロウィンってなに!? – 関西全域の生花の委託販売・卸売なら花総合企業の「フロリスト・コロナ」

ハロウィンってなに!?

 

ハロウィンイメージ

ハロウィンとは!?

「ハロウィン」または「ハロウィーン」とは、もともと2000年以上前の「古代ケルト人」のお祭りが起源だと云われています。このお祭りも、もとは秋の収穫を祝うお祭り、またケルト人の1年は10月31日が日本でいうところの大晦日にあたり、1年の終わりになります。時期的には夏の終わりにあたり、冬の始まりでもあるこの日は、あの世とこの世の扉が開き、死者の霊がこの世に帰ってくる日とされるとともに悪霊もこの世に戻ってくると考えられていたため、その悪霊に取りつかれないように仮面をつけるなどして変装をし、たき火を炊き、悪霊を追い払ったようです。

あの変装をみれば、悪霊も仲間だと思いますしね(笑)

 

ハロウィンはキリスト教とは無関係!?

ハロウィンはもともと、ケルト人の宗教儀式が始まりでしたが、のちにカトリック(キリスト教)系の民族に侵略されてしまいます。侵略したカトリック系の民族はケルト人の儀式をうまく自分たちの習慣に取り入れたようです。

カトリック教では11月1日を「聖者の日」と定めていたためケルト人の10月31日の儀式は取り込みやすかったのかもしれませんね!

ちなみに、「聖者の日」の前夜 「10月31日」のことを「All Haiiow Eve (オールハローイブ)」と言い、それがいつしか訛り「Halloween(ハロウィン)」になったと云われています。

 

そして、日本での「ハロウィン」はイベントの要素が強く宗教的意味合いはないといってもよいかもしれません!しかしながら、宗教的意味合いを重んじる人たちにとっては重要な風習なのにはちがいありません!

 

なんでカボチャ!?

ジャックオーランタンイメージ

「ハロウィン」と言えば、真っ先に思い浮かべるのが、黄色いカボチャをくりぬき中に明かりを入れた提灯「ジャック・オー・ランタン」ではないでしょうか!?

もともとは、カボチャではなく「カブ」で作られていましたが、アメリカに伝わるとカボチャが使われるようになりました。当時のアメリカではカボチャが良く栽培されていたのでしょう!

では、「ジャック・オー・ランタン(ジャックの灯り)」とは、古いアイルランドに伝わるお話がもとになっています。その話を要約するとこんな感じです。

昔むかし、アイルランドに酒飲みのジャックという極悪人が居ました。この悪人は生前、悪魔でさえだましてしまう人間だったので、死後、天国にも行けず地獄でさえその男を締め出しました。彼は生き返ることも出来ず、暗い足元をカブで作られた提灯で照らしながら、世界中をさまよい続けるというお話です。

この悪魔でさえ追い返してしまうということで、この提灯をともすことで魔除けになると信じられているのかもしれませんね!?そして、魔除けとは別に良い精霊の目印になるともいわれているそうです。知れば知るほど日本のお盆の風習に似ているのには驚きです!!

 

海外のハロウィンは

アメリカの映画などでは、かわいい子供たちがお化けの変装をしてご近所をまわっているシーンをよく見かけます。その際、子供は「Trick or treat(トリック・オア・トリート」(お菓子をくれないといたずらしちゃうぞ)といい、お菓子をねだって各家をまわり、子供たちは集めたお菓子を持ちよりハロウィンパーティーをするとか!

ニュースでみる日本のハロウィンと海外ではかなり違うようです。

 


ハロウィンイメージ

日本のハロウィンの経済効果はここ数年でバレンタインのそれを上回ったといわれています。ここ数年の急な盛り上がりには驚かされます。その要因のひとつにディズニーランドの「ハロウィンイベント」が寄与しているのは間違いでしょうが、もともと、日本人は祭り好きだしコスプレ好き意外と日本向けのお祭りだったのでしょうね。

いままでハロウィンは関係無いと思っていた人も、今年はカボチャを買って「ジャック・オー・ランタン」を作ってみては如何ですか!?あのカボチャは意外と柔らかくスプーンで中をかき出せるので子供さんと一緒に作るのも楽しいですよ、灯りは100均のREDライトでバッチリ!

作った「ジャック・オー・ランタン」はもちろん、SNS にアップ!

 

それでは、「ハッピーハロウィン」

 

 

Print Friendly, PDF & Email

あわせて読みたい