2018年(平成30年)のお彼岸はいつ!?

2018年のお彼岸IMAGE

お彼岸とは!?

3月の春分の日と、9月の秋分の日を「中日(ちゅうにち)」とし、その中日の前後3日づつを合わせた1週間を「彼岸」といいます。
そもそも「彼岸」とは 現世の煩悩・妬みや嫉妬・悩みなどを乗り越えた、悟りの世界のことです。

春分の日・秋分の日は昼と夜の長さが同じになり太陽が真東から昇り真西へ沈みます。古来から、仏教では「西方浄土」という西方に極楽浄土があるとされ、この真西へ沈むこの期間は、現世と彼岸(極楽浄土)が通じやすくなると考えられていたため、この時期にご先祖様を供養するという習慣が出来たようです。

 

お彼岸の最初の日を「彼岸の入り」、最後を「彼岸明け」とし一説には、「中日」にご先祖様に感謝し、残りの6日は悟りの境地に達するための6つの徳目、これは自分の持っているものを分かち与える「布施(ふせ)」、戒めを守る「持戒(じかい)」、耐える「忍辱(にんにく)」、努力する「精進(しょうじん)」、自己を反省する「禅定(ぜんじょう)」、心理にを追求する「知恵(ちえ)」をいち日づつ修める日といわれています。

お墓詣りIMAGE

 

2018年(平成30年)のお彼岸はいつから!?

2018年(平成30年)、今年の春彼岸は春分の日が3月21日(水曜日)となります。したがって今年のお彼岸の期間は、

3月21日を中日とし、18日が彼岸の入り、24日が彼岸明けとなります。

■2018年の春彼岸

3月18日(日)・・・彼岸入り

3月21日(水)・・・秋分の日

3月24日(土)・・・彼岸明け

続いて秋彼岸は、秋分の日が9月23日(日曜日)となり、20日が彼岸の入り、26日が彼岸明けとなります。

 

■2018年の秋彼岸

9月20日(木)・・・彼岸入り

9月23日(日)・・・秋分の日

9月26日(水)・・・彼岸明け

※春分・秋分の日は毎年変動するため、お彼岸は毎年決まった日ではありません。

最後に、お彼岸にはとくに、何をしなければいけないということはありませんが、彼岸の入りにはお仏壇やお墓をきれいにして、故人の好物や好きだった花、季節の果物などをお供えします。

火災などの危険もありますので無理をして灯明(ロウソク)をともす必要もないでしょう。今は100均などで電池式のLEDを使った灯明も販売されていますのでお彼岸前にこちらを購入しておくと良いでしょう。

そして、彼岸の中日には家族そろってお墓参りをして故人を偲び、ご先祖様に感謝を伝えましょう。

お墓詣り2

  • Instagram
  • Facebook
  • Twitter
Print Friendly, PDF & Email

あわせて読みたい