2017年(平成29年)のお彼岸(秋彼岸)はいつ!? – 関西全域の生花の委託販売・卸売なら花総合企業の「フロリスト・コロナ」

2017年(平成29年)のお彼岸(秋彼岸)はいつ!?

お彼岸イメージ

彼岸とは!?

「彼岸(ひがん)」とはサンスクリット語の「六波羅蜜(ろくはらみつ)」から来たものと言われ、「彼岸」すなわち「理想郷(悟りの世界)」を意味し、迷いや妬み苦悩に満ちた現世「此岸(しがん)」に対して、理想の彼方のところにある「岸」をさす言葉とされています。昔の人は、現世でのつらさを川の流れに例えたのでしょうか!?

 

3月の春分の日と、9月の秋分の日を「中日(ちゅうにち)」とし、その中日の前後3日づつを合わせた1週間を「彼岸」といいます。

春分・秋分の日は昼と夜の長さが同じになり太陽は真東から昇り真西へ沈みます。古来から、仏教では「西方浄土」という西方に極楽浄土があると考えられ、この真西へ沈む太陽に極楽浄土に旅立った故人に思いを馳せたのでしょうか!?

 

なお、お彼岸の最初の日を「彼岸の入り」、最後を「彼岸明け」とし一説には、「中日」にご先祖様に感謝し、残りの6日は悟りの境地に達するための6つの徳目、これは自分の持っているものを分かち与える「布施(ふせ)」、戒めを守る「持戒(じかい)」、耐える「忍辱(にんにく)」、努力する「精進(しょうじん)」、自己を反省する「禅定(ぜんじょう)」、心理にを追求する「知恵(ちえ)」をいち日づつ修める日と云われています。

 

また、お彼岸にお墓やお仏壇に供える、お花やお水、お茶やおはぎ(春彼岸はぼたもち)お線香や灯明も、実は六波羅蜜を実践している行いだとされています。

 

ちなみに、お仏壇に供える「お茶」ですが普通、飲むお茶をお供えするのが一般的ですが、関西の泉州地域の一部ではお茶の葉をお仏壇とお墓にお供えするそうです。

2017年(平成29年)のお彼岸はいつ!?

2017年(平成29年)、今年の秋彼岸は秋分の日が9月23日(土曜日)となります。したがって今年のお彼岸の期間は、

 

9月23日を中日とし、20日が彼岸の入り、26日が彼岸明けとなります。

※春分・秋分の日は毎年変動するため、お彼岸は毎年決まった日ではありません。

 

最後に、お彼岸にはとくに、何をしなければいけないということはありませんが、彼岸の入りにはお仏壇やお墓をきれいにして、故人の好物や好きだった花、季節の果物などをお供えします。

火災などの危険もありますので無理をして灯明(ロウソク)をともす必要もないでしょう。今は100均などで電池式のLEDを使った灯明も販売されていますのでお彼岸前にこちらを購入しておくと良いでしょう。

そして、彼岸の中日には家族そろってお墓参りをして故人を偲び、ご先祖様に感謝を伝えます。

 

Print Friendly, PDF & Email

あわせて読みたい