美しい切花を長持ちさせる方法は!? – 関西全域の生花の委託販売・卸売なら花総合企業の「フロリスト・コロナ」

美しい切花を長持ちさせる方法は!?

花屋イメージ

最近スーパーなどでも販売されている切花、スーパーなどの切花販売コーナーでは少量の切花リーズナブルな価格購入できるのが特徴で誰でもきやすく切花を購入できるようになりました。花を一輪、お部屋に飾るだけでお部屋の雰囲気がパッと明るくなるのがうれしいですね(^^♪

そんな切花も環境と扱い方で持ちがずいぶん変わります。せっかく買ってきたお花が咲く前に枯れたなんて悲しいですよね!お花は生き物です。

 

 

せっかく持ち帰ったお花だからこそ、美しい姿を永く楽しみたいのではないでしょうか!?

 

 

ここでネットなどでよく見かける「切花を長持ちさせる方法」をいくつか挙げてみます!

①漂白剤を入れる

②10円玉を入れる

③砂糖を入れる

④サイダーを入れる

⑤氷を入れる

⑥市販の延命剤を使う

 

以上の方法がネット上でよく見かける切花を長持ちさせる方法だと思いますが、そもそも切花が枯れてしまう大きな要因のひとつが、水の中のバクテリアです。

花瓶の水にバクテリアが繁殖(水腐れ)することで、茎の導管にバクテリアが詰まり、水を吸うことができなくなります。

 

①の漂白剤を入れる方法は、バクテリアなどの細菌の発生を抑制するための方法で、漂白剤に含まれる塩素の殺菌作用を利用しています。ある程度の効果は期待できますが分量を間違ってしまうと逆に切花を枯らしてしまう恐れがあります。また、金属製の花瓶などは変色の恐れがありますので注意が必要です。

②の10円玉を花瓶に入れる方法も銅イオンのもつ殺菌効果がバクテリアの発生を抑制するため切花が長持ちするといわれています。

③の砂糖を入れる方法ですが、お花がキレイに咲くためにはたくさんの栄養素(糖分)が必要になってきます。砂糖を入れることでその栄養分を補います。ただし、砂糖を入れることでバクテリアの増殖も増しますので抗菌作用のあるものと併用しなければ意味がありません。砂糖も濃すぎると逆に茎の導管を詰まらせてしまいますので注意が必要です。

④のサイダーを入れる!?方法ですが、炭酸水には殺菌効果があるといわれています。そして、サイダーには糖分が大量に含まれています・・・ここまで聞くとサイダーが一番いいように思いますが、炭酸は濃すぎても弱すぎてもだめなので、調整が難しいです。基本的には少し気の抜けたくらいがベストではないでしょうか!?

⑤の氷を花瓶に入れる方法ですが、切花の大半は温度変化に弱く外気温が高く花瓶の中の温度だけ低いと頭だけのぼせてしまう状態になるため、逆にお花を疲れさせてしまいます。夏の室内の温度が異常に上がるようなときは逆効果になる恐れもありますので注意が必要です。そもそも夏の炎天下では氷の効果は一瞬でなくなりますが・・・
この方法は、お部屋の温度が少し涼しいくらいの時期ならある一定の効果があると思われます。

⑥の市販の延命剤を使う方法がいちばん手ごろで効果のある方法でしょう!ホームセンターなどで見かける「切花延命剤」や「鮮度保持剤」などは殺菌作用や糖分の配合を切花のために調合しています。そのため、切花のキレイ(咲いている状態)が永く楽しめます。なを、市販の延命剤を使用すると殺菌剤の作用で毎日水替えをしなくても大丈夫ですので、わずらわしい手間を省くことができます。

※優れた延命剤の中には数日で水が濁ることがありますが、これは水が腐っているのではなく「お花の老廃物」をコロイド状にして水と分離させるよう設計されているためです。

※市販の延命剤の多くは殺菌剤を配合しているため、金属製の花瓶を変色させる恐れが御座いますので、必ず商品の説明を熟読してお使いください!

 


最後に

切花を長持ちさせるためにはバクテリアの発生を防がなくてはいけません。したがって、使用する花瓶は漂白剤や洗剤で隅々まできれいに洗ってから使用しましょう。そして、茎を切る際も殺菌されたハサミを使用し、できるだけきれいな水の中で茎を切る【水切り】をすることをお勧めいたします。あわせて置き場所は、直射日光を避けてエアコンなどの風の当たる場所を避けお部屋の涼しい場所に飾るようにしましょう。

さあ! 明日からお部屋を彩る「生け花」を始めてみませんか!?

 

  • Pinterest
  • Instagram
  • Facebook
  • Twitter
  • Email

 

Print Friendly, PDF & Email

あわせて読みたい