枯れないお花「ハーバリュウム」 – 関西全域の生花の委託販売・卸売なら花総合企業の「フロリスト・コロナ」

枯れないお花「ハーバリュウム」

ハーバリュウムimage

最近店頭やWEBでよく見かける「枯れないお花ハーバリュウム」

水中に浮かぶお花のように見える幻想的な姿に心が癒されること間違いなしです(^^♪

では「ハーバリュウム」とはいったいどんなものなのでしょうか!?

 

ハーバリュウムとは!?


ハーバリウムは植物標本という意味です。 乾燥処理がされアルコールや防腐剤などに浸して保存されます。まるで「水中花」のような「ハーバリュウム」 光の当たる角度で見え方も様々で、お手入れの必要もありません!生花とは違い飾る場所も「食卓」「寝室」「玄関」などとあらゆる場所に飾ることができるのも魅力のひとつです!

 

鑑賞期間は!?


使用されている花材やオイルの品質などの影響もあり、明確に答えることはできません!

着色などをしていない天然素材を使用したドライフラワーを使用していたとしても、葉などに含まれるクロロフィルのように油に溶けやすい天然色素をもつものがあり、それらがオイルの変色をさせる場合があります。ハーバリュウムオイルそのものは安心したメーカーのもので徹底した品質管理のもとで作られたものなら、腐敗やカビの発生の心配はないでしょう!そのような商品なら1年程度は大きな変化もなく楽しめるのではないでしょうか!?

ハーバリュウム2image

 

自分で作ることは出来ますか!?


「ハーバリュウム、DIY」などで検索するとたくさんのホームページがヒットします!このようなホームページで紹介されているのが「ベビーオイルやエタノール、グリセリン」を用いた作り方が紹介されていますが、エタノールは揮発性ですので引火の危険性もあります。ご使用の際はまわりに火の気がないことを確認して使用してください。あと、「ベビーオイルやエタノール、グリセリン」を用いたものは色抜けや変色もしやすいので注意が必要です!

ここで、特に品質のカギになるのが「ハーバリュウムオイル」です。代用品を使うのもよいですが、信頼のおけるメーカーの専用オイルを厳選して使用することをおすすめいたします。

もちろん、使用するドライフラワーなども溶けにくいものや色落ちしにくいものを選びましょう!


 

Print Friendly, PDF & Email

あわせて読みたい