日本人が忘れてはいけない「9月の節句」とは!? – 関西全域の生花の委託販売・卸売なら花総合企業の「フロリスト・コロナ」

日本人が忘れてはいけない「9月の節句」とは!?

菊の節句image

あまり馴染みの無い「菊の節句(重陽の節句)」

 

重陽の節句とは五節句のひとつで江戸時代に定められた式日ですが、じっさい五節句と言われても、あまりピンとこない方の方が多いとおもいますが、「ひな祭り」「子供の日」「七夕」と聞けばわかりやすいですね(^^♪

 

五節句とは!?

 

もともと中国から日本に伝わった風習だといわれ、古代の中国では季節の変わり目のことを「節(せつ)」と呼んでいました。そして、奇数月の月と日が重なる日、これは「奇数=陽」用が重なると陰になってしまうことから、この日は邪を避けるため季節の旬の食物を食べることで体内に生命力を取り込み邪気を追い払う催事が模様されていたようです。

これが日本に伝わり「五節句」として定着したようです。

 

 

■1月7日の人日(じんじつ)の節句

「人日の節句」には七草がゆを食べます。一般的に七草とは「せり、なずな、ごぎょう、はこべら、ほとけのざ、すずな、すずしろ」をさし、七種類の薬効のある若菜を体内に取り入れることで寒い冬を病気もせず乗り切れるといわれています。

■3月3日の上巳(じょうし)の節句

ご存じの「ひな祭り」です。もともとは身代わりの紙人形を川に流す風習がのちに女の子の誕生と健康を祝う行事に変わっていったとされます。

この時期には桃の花が咲くため「桃の節句」とも呼ばれます。

■5月5日の端午(たんご)の節句

こちらもご存じの通り「子供の日」ですね!端午の節句には「こいのぼり」を飾り「ちまき」や「柏餅」を食べたり「菖蒲湯」に浸かったりと男の子ならずとも子供には待ち遠しい季節ではないでしょうか!?そして、古来より「菖蒲」は邪気を払う特別な力があると考えられていたため「菖蒲湯」に浸かったり、地域によっては「菖蒲」を屋根の上に置く風習もあるようです。

■7月7日の七夕(しちせき)の節句

こちらもご存じの通り「七夕(たなばた)まつり」です!この日は無病息災を願い「そうめん」を食べます。笹を用いることから別名「笹の節句」ともいわれます。

 

さて本題の「9月9日の重陽(ちょうよう)の節句」

近年あまり馴染みの無い「重陽の節句」・・・

重陽とはもっとも大きな奇数が重なる日で大変めでたいとされています。この時期には菊がキレイに咲き誇る時期で別名「菊の節句」とも呼ばれます。日本の国花といえば桜と菊ですよね!

日本では古来「菊は不老長寿の薬草」とされ、この時期咲き誇る菊をお酒に浮かべる「菊酒」を楽しんでいたようです。

 

また、菊の花を湯船に浮かべる「菊湯」も風情があっていいですね!

※菊酒や菊湯には専用のエディブルフラワーをお買い求めください。

 

五節句を締めくくる「重陽の節句」は当時は最も盛んな行事だったようです。日本の国花である「菊の花」を使う行事だけに今では影が薄くなってしまいとても残念です!

今では菊のエディブルフラワーもネットで簡単に手に入りますので今年の「9月9日」お部屋に菊を飾り「重陽の節句」を始めてみてはいかがでしょうか!?

菊のアレンジメントimage

Print Friendly, PDF & Email

あわせて読みたい