不老長寿の霊草!?~菊の花言葉~ – 関西全域の生花の委託販売・卸売なら花総合企業の「フロリスト・コロナ」

不老長寿の霊草!?~菊の花言葉~

菊は色によっても花言葉が変わりますが

菊全般の花言葉は!

「高貴(こうき)」「高潔(こうけつ)」「高尚(こうしょう)」

 

中国では、キクは不老長寿の霊草(薬草)と考えられ、秋の菊の節句には菊に綿をかぶせキクの香りと夜露を含んだ綿で顔を拭き、邪気を祓い長寿を願ったそうです。キクには血圧を下げたり、胃腸の調子を整える効果や目の疲れをとったり、血行を良くするなど様々な効果があるとされます。

日本でも古来、秋の奇数月の奇数日「9月9日」には「重陽の節句(菊の節句)」が行われ、奈良時代の宮中ではキクのお酒を飲む「重陽の宴」が催されていたようです。

※料理の添え物や菊酒に使用するお花は、専用に栽培された「食用菊」を使います。専用に育てられた食用菊は観賞用のものと違い苦みも少なく、お浸しやてんぷらなどにも使用されます。また、お刺身の添え物として使用されるのはキクの抗菌作用や解毒効果を利用するためだといわれています。また、中国でもカニ料理の後には食中毒の予防のため「菊花茶」をのみます。

また、キクを図案化した菊紋のうち「十六八重表菊(じゅうろくひとえおもてぎく)」は天王家や皇室の家紋としても使用され、その格式の高さがうかがえます!


白い菊の花言葉は?

「真実」


赤(紅色)の菊の花言葉は?

「あなたを愛してます」


黄色の菊の花言葉は?

「敗れた恋」


最後に高貴な花言葉を持つキクですが、日本ではお墓や仏壇に供える花としてのイメージが強く、花束にして贈るような場合は相手方が失礼と感じられる場合もありますので十分注意してください!

Print Friendly, PDF & Email

あわせて読みたい