イースターって「なに?」「どうするの?」「いつするの?」

イースターIMAGE

イースターIMAGE

近年、海外のイベントが日本でもあたりまえのように開催されていますよね。

クリスマスやバレンタイン、数年前にはほとんど馴染みの無かったハロウィンも、今では大人気のイベントになっています。

今はまだ、あまり馴染みの無い「イースター(復活祭)」も数年後には、一大イベントになっているかもしれません!

だって、日本人は祭り好きですからね~(^_-)-☆

 

イースターとは?

皆さんもよくご存じの、「イエス・キリスト」

そのキリストが、ゴルゴダの丘で十字架にかけられて処刑されてしまうのですが、予言通り三日後に復活を遂げます。

クリスマスはキリストが誕生した日だといわれていますが、この「イースター」は復活した日ということになります。

そのため、このイースターは祭宗教的にも最も重要な祭日と扱われ、学校が数日もの間、お休みになる国もあるそうです。

 

また、復活祭のことを「イースター」と呼ぶようになったのは、随分後になってからのようで

ゲルマン神話の春の女神「Eostre」が、その由来ともいわれています。

 

イースターってどうするの!

クリスマスといえば、クリスマスツリーやリースなどをすぐに連想できますが、

 

イースターといえば・・・

たまごと・・・・

ウサギです(^_-)-☆

 

この時期になると、雑貨屋さんなどでキレイに模様の描かれた卵をよく見かけることが出来ると思いますが、

「たまご」は生命の根源、誕生を示すものとして、「復活祭」には欠かせないものになっています。

近年は、プラスチック製のものや、チョコレートで出来た卵の中にプレゼントを入れたものを、友達や大切な人と交換したりするようです(^^♪

 

そして、ウサギは子供をたくさん産むということで「豊穣のシンボル」として、イースターでは扱われているようです。

 

イースターは、きびしい冬を乗り越え、これから芽生えようとする生命の力が漲る春の訪れを祝うお祭りなので、

みなで美味しいものを食べ、たまごに好きな模様を描き、持ち寄ったプレゼントを交換したりして、わいわい楽しみましょう(^_-)-☆

 

イースターはいつ!!?

イースターには、決まった日はなく。その年によって、1か月ほどずれる場合があります。

 

その日の決め方は 「春分の日の後の満月の夜から数えて、最初の日曜日」

 

2018年の春分の日は3月21日、その後の満月の日は3月31日です。というわけで、2018年のイースターは 4月1日(日)となります。

 

最近はスマホで月齢を調べるアプリなどもありますので、簡単にイースターの日は探すことが出来ると思います。

 

最後に

まだまだ、日本ではあまり知名度の高くない「イースター」

ハロウィンも数年前までは、ほとんど認知されていイベントでしたが、今では一大イベントにまで成長しています。

日本のハロウィンは海外のそれとは少し違う進化を遂げたようですが、「イースター」も今後、

日本にどういう溶け込み方、進化を遂げていくかが楽しみです。ともあれ、みんなが楽しめる機会が増えるのは大歓迎ですね!

Print Friendly, PDF & Email