ひな祭りの由来や意味は!?

ひな祭りIMGE

ひな祭りといえば、ひな人形やひし形のお餅(菱餅ひしもち)を飾り、旬のもので料理を作り

季節の変わり目で身体を壊しやすい時期を健やかに過ごせるようにと願う、女の子のための節句です。

 

でも・・・

 

この「ひな祭り」→もともとは違う意味合いで行われていた行事が変化したものだというのは、ご存知でしょうか!?

 

 

その由来は「五節句(ごせっく)」にあり!

桃の節句(ひな祭り)や端午の節句といえば、なじみ深いのですが、「五節句」となると、あまり馴染みはないかもしれません!

 

五節句の「節句(せっく)」の「節(せつ)」とは、季節の変わり目(節目)のことで、季節の節目で身体を壊しやすい時期に

その季節のものを身体に取り入るなどをして、災難や厄から身を守り無病息災を願う行事なのですが、

 

「節句」とは「節供」ともいい、神様への供物という意味もあるようです。

 

なお、五節句を簡単に説明すると

■1月7日は、「人日(じんじつ)の節句」とは、通称「七草の節句」で七草粥を食べ無病息災を願います。

■3月3日は、「上巳(じょうし)の節句」とは、通称「桃の節句」で女の子の誕生を祝い、健やかな成長と無病息災を願います。

■5月5日は、「端午(たんご)の節句」とは、通称「菖蒲の節句」で男の子の誕生を祝い、健やかな成長と無病息災を願います。

■7月7日は、「七夕(しちせき)の節句」とは、通称「笹の節句」で笹に願いを込めた短冊を飾り、そうめんを食べ無病息災を願います。

■9月9日は、「重陽(ちょうよう)の節句」とは、通称「菊の節句」で宮中では菊についた夜露や菊酒などを用意し汚れを祓い、無病息災を願います。

 

以上が「五節句」なのですが、

 

「ひな祭り」とは、この「上巳の節句」が変化したものなのです!

 

「上巳(じょうし)の節句」から「ひな祭り」へ

もともとは「上巳(じょうし・じょうみ)の節供」ともいい、3月最初の巳の日という意味もあるようです。

中国では、奇数月の「月と日が重なる日」、これは「奇数=陽」陽が重なると陰になってしまうことから、この上巳(じょうし・じょうみ)の日に川で身を清め、宴を開く行事が、日本へ伝わり「流し雛(川へ自身の罪穢を移した人形流す)」へ変化したといわれています。しかし、当時のこの行事には男女の区別はありませんでした。

 

もともと、宮中(貴族)が行っていた「上巳の節句」もやがて、武家文化にも広がり、江戸時代には広く一般に広がり、庶民行事として発展をとげて行きました。同時に、かわいい「ひな人形」は、女の子のものという認識も高まり、女の子の節句へと姿を変え!

 

一方、5月5日の「端午の節句」は「菖蒲(しょうぶ)」が「勝負」へ繋がることから、男の子の節句として姿を変えていきました。

 

なお、一説によると人形を流すことから、飾るように変化したのは「ひな人形」の製作技術が向上し、その美しい姿のため流さず飾るようになったのではないかともいわれています。

なぜ!「桃の節句」!?

これは、「上巳の節句」の時期と桃の咲く時期が重なっているから「桃の節句」といい。古事記などの神話にもあるように、桃には邪を払う力があると信じられているためだと考えられます。また、各節句の時期には、旬のもの(その時期に一番良いもの)を体内に取り込んだり愛でることにより、体内にたまった汚れや厄を落し季節の節目を乗り切ろうとした、古来からの知恵なのかもしれませんね(^^♪

 

ひな祭りで飾る色の意味は!?

ひな祭りIMAGE

ひな祭りといえば、カラフルなお餅や雛あられを連想させますが!カラフルならどんな色でも良いとゆうわけではなさそうです!

 

各色には意味があって、

 

■ピンクまたは、赤色の意味は着色に使うクチナシの実の解毒作用から「魔除け・健康」

■白色の意味は、菱の実が持つ意味の「子孫繁栄・長寿」白色がイメージする「清浄」

■緑色の意味は、緑に使う母子草(ははこぐさ)やよもぎの意味を合わせると「厄除け・健康」

 

となり、雛あられなどは、これに黄色を合わせた4色になる場合があります。

■黄色は四季のイメージともいわれています。

 

最後に

時とともに姿を変えてきた「上巳の節句」ですが、いつの時代も我が子や近親者・大切な人の無病息災や幸せを祈る気持ちには変わりません。

このような、風習も時代とともに薄れがちですが!やはり、親から子へと大切に受け継いでいってほしいものですね(^^♪

 

 

Print Friendly, PDF & Email